業者を利用する

時計と写真

遺品整理とは、本来亡くなった人の持ち物を家族や親族が整理し処分する作業です。しかしながら近年の家族形態の変化から、核家族や高齢者夫婦が増えたこと、また家族が遠方に住んでいるなどで遺品整理が困難な人が増えています。このような事情から、遺品整理を依頼できる業者も増えてきています。不用品回収業者がサービスのひとつとして行っている場合もありますし、遺品整理専門で行っている業者があります。遺品整理士などの認定資格も登場しているぐらい注目されており、依頼する側も信頼のできる業者を選びたいものです。遺品をきちんと見極めることができる業者か、リサイクル品があれば買い取り可能か、整理後は清掃まで行ってくれるかどうか、ゴミの処理はどこまで行ってくれるかを確認することがおすすめです。

遺品整理を依頼する場合、一般的に遺品を運び出す際に使用する車両、運搬費用と、遺品を回収して処理する費用、作業費用、つまり人件費がかかってきます。部屋の大きさや作業員の人数、処分品の量によって費用は異なってきます。1Kルームの場合、作業員2人で作業費と運搬費合わせて5万円ほどといわれています。業者によってシステムが異なるので、事前に確認するのがおすすめです。また遺品整理の前に、捨ててはいけないものをあらかじめ家族や親族と相談して分けておき、できるだけゴミを処分、整理しておくことで処理費を安くすることができます。 最近では遺品整理業者を一括見積できるサイトもあり、申請フォームに入力すると対応できる地域の業者の見積もりを取ることができます。複数の業者を比較し、納得のいく業者を選びましょう。